美容整形の万能選手

顔の手入れ

美容外科の施術でヒアルロン酸注入という言葉を聞いたことがあるでしょう。ヒアルロン酸とは元々人間の体内にも存在しているムコ多糖類に属する粘性物質です。保水力が高く、化粧品やサプリなど様々な場面で活躍しています。このヒアルロン酸を使った美容整形が、美容外科で大人気なのです。例えば涙袋の形成、あのイヤなホウレイ線の除去、あるいは豊胸術や鼻を高くする施術にと、ありとあらゆるシーンで使われています。ヒアルロン酸のメリットは、メスを使わずに注入するだけなので、ダウンタイムも短く、身体に負担もかからない点です。そして、注入する場所や量によって、比較的思い通りに形を形成することができます。例えば豊胸手術にヒアルロン酸の注入を選択した場合、注入する場所や量でツンと上を向いたバスト、胸の谷間がくっきりとした形など、ある程度自分の思い描いたバスト形成が可能なのです。しかもメスを使用した手術よりもずっと手軽にできるというのですから、これは使わない手はないでしょう。このようにいろいろ便利なヒアルロン酸ですが、もちろんデメリットもあります。ヒアルロン酸は元々体内に存在している成分なので、ある一定の期間が経過すると体内に吸収されてしまいます。ですから、せっかくバストをアップさせても、時間が経つと元に戻ってしまうのです。また、注入する場所や量によって形成される形が変わって来るということは、思い通りの形にするためには技術の高い医師に施術を行ってもらう必要がある、ということです。手軽な施術だからと言って安易に決めずに、施術を受ける美容外科クリニックはじっくりと選びましょう。美容外科の万能選手ヒアルロン酸、賢く利用して、気軽に美しく変身してしまいましょう。

ダウンタイムも短く、身体に負担をかけずにあらゆる施術に利用できるということで、美容外科で大人気のヒアルロン酸ですが、人気の秘密はそれだけではありません。ヒアルロン酸の特徴は、良くも悪くも体内に自然に存在する成分である、という点です。そのために身体に負担をかけずに注入して美容的処置を施すことができ、反面体内に吸収されてしまう、半永久的ではない、とも言えるのです。しかし、これは逆に考えるなら失敗してもいずれ元に戻ってしまうということで、気負うことなく気軽に施術を受けられる、ということでもあります。先ほど例に挙げた豊胸手術ですが、シリコンバックを挿入する手術を受ける前に、まずはヒアルロン酸でどのような感じになるのか、確認してみる、ということも可能なのです。半永久的な施術の前に受けてみる、そうした使い方ができるのは、ヒアルロン酸ならではでしょう。また、他の挿入系の成分としては、コラーゲンがあります。コラーゲンも同じように体内に存在する成分ですが、タンパク質の一種のためアレルギーを起こすことがあります。しかしヒアルロン酸でしたら、そうした心配は全くありません。現在は美容外科で使用されるヒアルロン酸にも様々な工夫が加えられ、吸収の遅いものがそれぞれの美容外科クリニックで開発されています。手軽に、しかしより長い時間その効果を実感できる、これからもその利用法は広がっていくことでしょう。美容外科は美しくなるための場所です。しかし、それ以上に安全でなければならない場所でもあります。これからも、安全で希望をかなえてくれる万能選手として、ヒアルロン酸からは目が離せません。